冷風も強風もあるドライヤーが欲しい!

私が選ぶドライヤーは、まず一番大事な点は冷風が強風であることです。殆どのドライヤーが熱風は強・弱両方出ますが、冷風は弱であることが多いのです。
でも、ブローをして髪型を整え、最後に冷風で固める時は強い冷風を掛けたいのです。
また、夏などは熱風だけで乾かしていると暑いので、途中から冷風で乾かす時も強風の方が早いので、せっかちな私が使うドライヤーには是非とも強風の冷風が付いていないと困ります。

でも、これが意外と売っていなくて、大手の量販店に行かないと置いていないこともあります。また、家電メーカーでも冷風の強風のドライヤーを作っていない所もあるので、益々手に入りにくくなってしまいました。
ですから、逆に中小企業のドライヤーの方が冷風の強風があるので、そちらを買うことになります。

N934_ただ、中小企業のものだとドライヤー自体がかなりの大きいので、旅行などには鞄の中で幅を取らない大手のメーカーのを持って行くことになってしまいます。

もう一つ、やはり髪のことを考えてイオンが出るタイプのドライヤーを選んでいます。物に依って、イオンを出すボタンが付いていたり、常時イオンが出るものとありますが、それはどちらでも構いません。でも、常時出ていた方が、押し忘れがないので好きです。
ドライヤーから出るイオンがどの程度髪に良いか、特に熱風を使って髪をある程度傷めてしまう中、どの位効果があるのかと考えるとあまり期待できないかなとも思いますが、効果ゼロではない限り期待したいと思います。

また、ドライヤーはミニ乾燥機にもなるのが便利です。
靴下の先を洗面所などでちょっと濡らしてしまった時などは、ドライヤーの先に靴下を被せて熱風を
30秒程当てればすっかり乾いてしまいます。薄手の靴下は焦がさないように、熱風も弱で使った方が良いかもしれません。
特に冬など、朝干した厚手の靴下が夕方なんとなく生乾きの場合は、ドライヤーに被せてブォ~とするとカラッと乾いて気持ちがいいです。

爆風で爆音なドライヤー

私は髪が長いんですが、髪を洗って乾かすとき、いつもくるくるドライヤーのブラシの部分だけ外して乾かしていました。
あれって、風量は弱いし、すぐに髪の毛を吸い込んじゃって焼けて臭くなるしで良い事はいかったんですが、セットする時にはくるくるドライヤーを使っているし、わざわざ髪を乾かすためだけに別のドライヤーを買うのもなぁと躊躇し、結局何年もくるくるドライヤーを使用していました。
ここ1年ほど付き合いだした彼がいるんですが、彼とは遠距離恋愛です。
ですから、電話でのコミュニケーションがかかせません。
仕事の職種が違うため、なかなか普段の生活において時間があわず、互いの睡眠時間を削って電話している状態です。
でも、眠たい。
それでも通常の生活をしつつ、時間を作るのはなかなか難しくて。
お風呂に入って髪を洗い、乾かしてから彼に電話するんですが、もうこのくるくるドライヤーの乾きの遅い事!
いままでそこまで気にしたことはなかったんですが、貴重な睡眠時間を削られる・・・と思うと、もう我慢できません。
ついにドライヤーの買い替えです。
有名メーカーのものでなく、とりあえず早く乾かす事を重視。
「爆音だけど爆風」と「静かだけどそこそこの風量」のドライヤーがあったので、迷わず「爆音だけど爆風」のドライヤーを選びました。
購入したその夜、早速ドライヤーを使ってみると・・・確かに爆風(笑)
ものすごい風量です。
くるくるドライヤーを使っていた私はものすごくビックリしたんですが、ビックリしたのは家族も同じ。
あまりの爆音に私がドライヤーしている間はテレビの音も全く聞こえません。
「テレビが聴こえない!髪を短くきったらドライヤーなんていらんのに!」と妹に言われて喧嘩し、
母親には「あんたがドライヤーをするたびに心臓がバクバク言う。死ぬかもしれない。」と言われる始末。
ただ、彼との時間をより多く取りたいだけなのに…というのは嘘で、出来るだけ睡眠時間を削りたくないだけなのに。
ドライヤーで死ぬとまで言われるとは・・・(苦笑)
あわやドライヤーが原因で家庭崩壊にもなりうる事態。
しかし本当に音が煩く、風量も凄いので、自分自身でも毎回スイッチ入れるたびにビックリして心臓麻痺を起しそうです(笑)

性能の良いドライヤー

実家で使っていたドライヤーは安物なのかすごく風が弱くて、ロングヘアの私は毎日ものすごく苦労していました。髪の毛を乾かすのに20分以上かかるし、くせ毛なので髪が爆発したようになってしまうんですよね。なので、結婚して家を出たときには、旦那様が何と言おうと値段は高くても良いドライヤーを買おうとひそかに決意していました。
大型の家具や家電などを一通り揃えて、細かいものを買おうと電気屋さんに来た日、私はこっそり●万円するドライヤーをかごに入れました。雑誌やネットの口コミで調べた、きれいに髪を乾かせると評判のドライヤーです。夫はオシャレには興味のない人なので、見つかったら文句を言われるかなと思いましたが、レジでは「そういえばドライヤーも必要だったね~」くらいの反応です。私はしめしめと思いつつ、やっと念願の良いドライヤーをゲットすることができました。
N934_notewomiserudr500-thum6そして早速その晩、洗った後の髪で試してみたところ、まずスイッチを入れたときの風量が強い!驚くほど実家のものとは違いました。根元から髪の毛を乾かしていくと、やっぱりその早さも段違いです。9割がた乾いたら、冷風と温風が交互に出るモードを使うと綺麗に髪がおさまるというのでそれも試してみると、できあがりの髪のサラサラツルツル具合と言ったら本当に驚くほどでした。もちろんそうだろうと想像していたから、高価で性能の良いドライヤーを買ったんですが、さらにこちらの方が髪の健康にもよさそうだと感じて、値段以上の価値があると実感しました。
夫も私の後にそのドライヤーを使っていましたが、なんかわかんないけどこのドライヤー乾くのが早い……?と不思議に思いつつ喜んでいたようでした。
そのドライヤーは結局3年ほど使った後、不注意で壊してしまいましたが、今は同じシリーズの新しい型のドライヤーが大活躍してくれています。ときどき帰省するときに実家で風量の弱いドライヤーを使うのが嫌なので、実家にも同じものをひとつプレゼントしたら、母がとっても喜んでいました。ドライヤーひとつで人のテンションをこんなにもあげることができるんだなあとなんだか楽しい気分になりましたよ。

低温トリートメントドライヤーの正しい使い方で髪を守る

低温トリートメントドライヤーの口コミ!使用後の効果や感想を掲載

濡れた髪の毛はとてもデリケートなので、シャンプー後は低温トリートメントドライヤーで髪の毛を乾かすことがマストです。

でも低温トリートメントドライヤーの使い方次第で、熱による髪へのダメージがアップする可能性もあります。
そこでキューティクルを守る正しい低温トリートメントドライヤーの使い方を紹介したいと思います。

まず低温トリートメントドライヤーを使用する前に、出来るだけタオルドライをして髪の毛の水分を拭き取っておきます。
この過程がなくては、必要以上にドライ時間が長くなり髪の毛を過度に乾燥させる原因となってしまうんですね。

N934_karutewomotudr500-thu優しくしっかりと髪の毛をタオルドライしたら、低温トリートメントドライヤーの出番です。
髪の毛を持ち上げるようにして、根元の内側から低温トリートメントドライヤーを充てていきましょう。
髪の毛は、根元の内側が一番乾きにくい場所なのでここからドライし始めます。
痛みの激しい毛先は、乾きやすい部分でもあるので一番最後に軽く低温トリートメントドライヤーを充てるだけで十分です。
温風でドライした後に冷風を充てるとキューティクルが引き締まり髪に艶が出て綺麗に収まりますよ。
低温トリートメントドライヤーは出来るだけ髪の毛から離すことが髪を傷めない為の鉄則です。

また低温トリートメントドライヤーの選び方にもポイントがあり、風量や温度の切り替えが出来る低温トリートメントドライヤーを選ぶことをお勧めします。
他にも選ぶポイントとしては、低温トリートメントドライヤーはあまり重すぎる製品だと腕が疲れやすく、髪の毛から低温トリートメントドライヤーを離す事が出来ないので軽めの物を選ぶ方が使い勝手が良くなります。

最近の低温トリートメントドライヤーには、マイナスイオンつきの製品が多くなっていますが、マイナスイオンが発生する低温トリートメントドライヤーは髪の毛がしっとりと纏まるというメリットがあります。
イオン機能付きの低温トリートメントドライヤーも今ではかなり安く購入出来るので、選ぶならイオン機能付きの製品を選んだ方がメリットが高いでしょう。

こうして軽量でイオン機能付き、そして風量などの切り替えが可能な低温トリートメントドライヤーを使って正しく髪の毛を乾かすことによって髪の毛のダメージを最低限に抑える事が出来ます。
是非実践してみて下さいね。

ドライヤーは上からかける

N912_yorisouyukatanodanjyo50私はパナソニックのナノケアーのヘアードライヤーを愛用しています。マイナスイオンが発せられるということで、目には見えませんが、きっとでているんだろうな、と思いながら使っています。
シャンプーをして髪の毛を乾かすにはドライヤーは欠かせないものですが、髪の毛を乾かす時には、上のほうから風を当てるようにするのがいいと美容師さんから聞きました。髪の毛のキューティクルの流れに沿って熱風を当てると髪の毛がサラサラになるのです。
私が使っているパナソニックのナノケアーは、一度全体を乾かしてから髪の毛を手ぐしで解いて、それからまた、1分くらいドライヤーを当てると髪の毛にマイナスイオンがついてサラサラになるということです。
それにしても日本のドライヤーは本当に音が静かです。アメリカのドライヤーは風量はかなりすごいのですが、うるさいのです。ものすごい音がして、大変です。でも、ワット数が大きいので、あっという間に乾くので、髪の毛のためにはいいのかもしれません。でも、私は日本のドライヤーの静かさが好きで、今度ドライヤーを買うとしたら、やっぱり同じパナソニックのナノケアーにするだろうな、と思います。
今のナノケアーはまた進化していると聞きました。

ドライヤーの進化に驚愕

イオンが発生するというドライヤーが発売されたとき、その効果に半信半疑でいました。
ドライヤーは髪を乾かすものであって、そんなトリートメントのような効果があるわけがないと思いました。
N853_sodenitewoireruyukatadanshi500しかし当時、周りにいる意識高い系の友人たちがこぞって購入し、全員が絶賛していたので、発売1年後くらいに購入する運びとなりました。
使用したその日に思いました。
なんでもっと早く購入しなかったのかと。
イオンの効果なのか何なのかわかりませんが、ドライヤーの風を当てただけで、指通りがスルスル、そしてパサパサだった髪に毛にツヤが生まれたのです。
トリートメント剤をベタベタと使う必要がなくなり、風力が強く、短時間で髪の毛が乾いてしまうので圧倒的にお得感がありました。
今では、新しい機種が発売するたびに買い替えています。
まだ使えるからといって10年前のドライヤーを使っている人に言いたいです。
最近のドライヤーは風力が格段に強くなっているし、イオンの効果で髪の傷みが圧倒的に少なくなるものがあります。
美容院でトリートメントをしたり、お風呂から出て時間をかけて乾かす必要もない、本当に素晴らしい家電になっているのだということです。
ドライヤーは美容家電として進化を続けています。
10年後にはさらにすごい機能が生まれているかもしれません。
手で持つということが無くなり、1分程度で髪の毛が乾き、トリートメント効果がさらに高まったドライヤーが発売されることを願っています。

ドライヤーの選び方

MAX98_jidoriharf20140531500-thum元々はあまり関心を持っていなかったドライヤー。
自身が男であり、飲食業の為髪は短くしなければならないことから普段からあまりドライヤー自体はあっても使用することは少なく『良いドライヤーとは?』などはこれまで考える余地すらなかったです。

改めてドライヤーについて考えるようになったのは転職をし、飲食業から離れた時でした、それまで長い間飲食業でしたからずっと短髪だった事の反動からあまり髪型について規定の無い仕事になって一度長髪にしてみるのも悪く無いかなと思い、暫く、、、長髪になると様々な弊害もあるんだなと感じました。

まずお風呂に入ってからの乾きが遅い。今までは短髪でしたからそのままお風呂に入って暫くすれば簡単に乾きますし、そのまま就寝なんて事も多かったのですが、長髪にしてからは乾かさないと眠れない訳ですからドライヤーで乾かさないといけない。

また髪が長いと顔にかかったりして案外煩わしい物なんだなと感じました、改めて長髪の女性の苦労なども感じたり。

僕がもっていたドライヤーは本当に安い物でしたから風が弱くどれだけ使っても大して乾きもしないストレスから新しいドライヤーの購入を考えました。

そして何年ぶりだかわかりませんが近くの量販店のドライヤー売り場に来るとこれがこんなにあるのかと思うほどの品揃え、、、なんでもいいとは考えつつも今までのような弱い風量のドライヤーですと元の木阿弥ですし、風量の強そうなのは案外に高い、丁度良いくらいの価格の幾つかあった物から選ぶ事にするもどれも同じような感じです、、その時とあるドライヤーをみつけました。

ドライヤーを置く為のスタンド付きの物です、これが案外使えるのではと思いました。と言うのも、ドライヤーって特殊な形をしているので置き場所に困るんですよね、四角だったりケースなどに入れるような形でも無いですし入れてもなんだか収まりが悪いので。

家によっては洗面所に吊るせるスペースなどもあるのかもしれませんが男の一人暮らしではそんな大きな洗面所もありませんし。

そんな事からスタンド付きの物を購入し、値段もそれ程高く無かったので今では部屋の一画に収まりよく収納されており非常に便利です。

ドライヤーの風量も確かに重要ですが、性能と共に収納面などプラスαを考えるのも良い物選びのコツなのかなとか思いました。

ホームステイ先でのドライヤー

ドライヤーといえば、イギリスに留学していた頃の苦い経験を思い出します。 私が紹介されたステイ先は、受験を控えた男の子が一人いた家庭で、夕食の後は、彼が勉強に集中できるように、家族全員、なるべく物音をたてることがないよう、とても気を遣っていました。 到着早々、「もしかしてまずい所に来てしまったかも…」と内心、心配していましたが、案の定、私の不安は的中してしまいました。 到着した夜に、入浴後、髪の毛を乾かしていると、父親が洗面所に走り込んできて、音を立てる私のドライヤーの電源を切り、「静かにして!」と怒られてしまったのです。 季節は初冬、イギリスは日本より寒いので、濡れたまま寝るわけにもゆかず、そうかと言って物価の高いイギリスで、新しいものに買い換える贅沢も出来なかったので、考えた結果、布団をかぶってドライヤーをかける、という技を生み出しました。 背もたれのついている椅子に布団をかぶせて、その中に入って髪の毛を乾かすのですが、なかなか良いアイデアで、ドライヤーの音がほとんど外の漏れることもなく、きちんと乾かすことができました。 しかし、「イギリスまできて、一体何をやってるんだろう」と、ふと我にかえる事もあり、数日は我慢しながら、途方にくれていました。 しかし、これ以外にも、音を立てないために、夜は用を足しても、流すことなく朝までそのままにしておく、など、驚くような生活スタイルの数々に、我慢もそう長くは続かず、荷物を残して泣きながらステイ先を飛び出しました。 イギリスでは、国際交流の目的以外に、私のホームステイ先のように、生活費の足しにするために、滞在先として提供する家庭も多いようで、結局、前者の目的で提供している、定年退職した老夫婦の所に滞在している友人の所に身を寄せることになり、その後は伸び伸びと楽しく過ごすことができました。 もちろん、髪の毛も、遠慮することなくドライヤーで乾かす事が出来ましたが、十年以上経った今でも、時々記憶がよみがえる、イギリスでのドライヤーの思い出です。

ドライヤーをうまく使えば

N934_hohoemudokuta-500-私のおススメのドライヤーはパナソニックのナノケアシリーズになります。
このドライヤーを始めて使用してからもう5年以上になりますが、出会ってよかったと思いえるドライヤーになりました。
私の髪はくせ毛で広がりやすく乾かすときはとても神経を使っているのでそんな私にぴったりのドライヤーです。このドライヤーで乾かすだけでとてもまとまりのあるしっとりとした感じに仕上がります。
まるでトリートメントしたような肌触りで本当に気に入っています。
さらに私は、自分でも気遣っていることが沢山あります。
まず、乾かす前には髪にダメージがないように洗い流さないタイプのトリートメントをしてからドライヤーをしています。ここはとても大切なポイントで、このひと手間があると1日中髪がパサパサになりませんのでお勧めです。
そして乾かしたかも、まずは地肌から乾かし、髪の乾かし方は生え方にそって乾かさないとダメージにつながってしまうので気をつけます。髪の流れにそってブローするように乾かして自分でもまとまりをつけるように心がけるととてもまとまりのよい仕上がりになって行きます。ドライヤーによっては、温令モードがあり、温と令を交互に使うのがさらにしっとりさせるのに効果があると感じています。
乾かしてからヘアーアイロンなどを使用する人はセットしてから、ボリュームを出したりツヤを出したりするのに最後にドライヤーで仕上げると印象がとてもキレイになります。
ただ乾かすだけではなくひと手間ふた手間かけるだけで、全体の印象がとてもよくなり若々しい印象でいられるのではないでしょうか。いつまでもキレイでいたいと思うからこそいつまでも努力し続けたいと思っています。初対面での印象は80%が髪型で変わると言われたことがあるので、それ以降気にして心がけるようになりました。いつまでもツヤのある若々しい髪でいたいと思うので、ドライヤーの使い方ひとつでも大切にしたいと思っています。

ドライヤー仲間との楽しい会話

私は週に3回ほどスポーツジムに通っています。
運動して汗を流したあとは、ジム内のお風呂でリラックスします。
普段は家風呂なので、かなりゆったりできて、昼間から髪を洗ってきれいさっぱりしたあとはパウダールームに設置してあるドライヤーで髪を乾かします。
パウダールームは隣に座る人との距離が近いので、ドライヤーで髪を乾かしながらいつの間にか会話しているということもよくあります。
私は、かなり癖毛ですが毎月ストレートパーマかけているので、知らない人にとったら真っ直ぐな黒髪の人だと思われているようです。
N934_karutewomitekangaerudr500-th昼間のジムは年配の方も多くて、私が髪にドライヤーをかけている姿を見ると、「きれいな髪ねえ」とか「髪がたくさんあっていいわねえ」と声をかけられます。
余りにも頻繁に「髪がたくさんあっていいわねえ」と言われるので、何でかなあと思っていたら、よくよく見ると年配の女性のほとんどが髪の量を気にしている様子でした。
私は確かに普通の人に比べ毛量が多く、おまけに癖毛なので、雨の日などにはまとまらなくて、それがコンプレックスでした。ストレートパーマをかけるようになって少しはマシになりましたが、それでも髪の量が減ればいいのにと思っていたので、「多いのも大変ですよ」といつも答えています。
そんな会話が交わされるようになり、私の髪の量は年配者の間でちょっとした話題になりました。
私がドライヤーで乾かしていると、一人の方がお友達を連れてきて「この方、ドライヤーで乾かすのが大変らしいんだけど、こんなに髪の毛があるんだから贅沢な悩みよねえ」とすぐ隣で話し出します。時には、ちょっと触っていいかしら、とドライヤー中の私の髪を触って来る人もいます。
いくつになっても女は女ですね。髪の話でみなさんが盛り上がり、若い頃はどんな髪型が流行ったとか、どんな髪飾りをしていたとか話してくださって、色々勉強になっています。いつの間にかドライヤータイムは私にとっても楽しいひとときになっています。